Webクリエイター科1年生の村上さん、守さんが
文部科学省後援「色彩検定協会奨励賞」を受賞しました!

 色彩検定協会奨励賞は特に優秀な成績を修めた個人および団体を讃える制度で、年間2回実施されています。 色彩検定3級では「色のはたらき」、「光と色」、「色の分類と三属性」、「色彩心理」などが出題されます。
受賞した村上さんと守さんにインタビューをしました。

Q) 色彩検定の学習で大変だったこと、工夫したことはありますか?

村上さん
色の学習だけでなく、目の構造等の問題もあり、覚えることが多くて大変でした。 はじめの頃は点数がなかなか伸びず、間違えた所を徹底的に勉強しました。 わかるようになってくると、友達と点数を競い合いながら、わからない所は教え合い、 楽しみながら学習できるように工夫をしてきました。
守さん
毎日の通学時間をつかって、テキストをボロボロになるまで読み込みました。 また、友達と点数を競い合い、わからないところは教え合ったりと、共に励んでいました。 それでも、過去問ではなかなか満点を取れず伸び悩み、悔しい思いもしました。

Q) 奨励賞をいただいた感想をお願いします!

村上さん
奨励賞をいただけたと聞いた時、とても驚きました。 合格を目標とせず、努力を続けた結果、このような賞をいただけたと思っているので、とても誇りに思います。 満点を取ることができていたら、もっと嬉しかっただろうな、と思います。守さん、すごいです…!
守さん
満点を目指して取り組んだ努力が実を結び、本番で満点を取れたこと、さらにその結果を奨励賞という形で手元に残せることを、 とても嬉しく、誇りに思います。 また、お互いに切磋琢磨した村上さんと共に受賞することができ、喜びもひとしおです。

Q) 今後の目標を教えてください!

村上さん
色彩検定2級を受験したいと考えています。色彩の知識を持っていると、デザインの仕事や、今後の作品作りにも活かせるので、 もっと知識をつけたいと思っています。また、今回得た知識を作品作りに活かしていきたいと思います。
守さん
努力が結果に繋がるという自信を得ることができたので、色彩検定2級にもチャレンジしたいです。 また、そのほかの様々なことにも真面目に取り組み、一層励んでいきたいと思います。