Webクリエイター科1年生が
「ポートフォリオ講座」を受講しました!

Webクリエイター科1年生がデジタルハリウッド・キャリアセンターの 竹本竜也氏による「ポートフォリオ講座」を学内で受講しました。

講座の最初には、次のような企業の視点からのお話がありました。
・ポートフォリオとは「私の作品集」ではなく、「私の特性(魅力)を伝えるもの」である。
・Webに関わる仕事の領域には「戦略領域(ビジネス)」としてマーケティング、設計・ディレクションが、 「作業領域(技術)」としてデザイン、コーディング、エンジニアリングがあり、まかなえる領域が広いほど使えるデザイナーである。

その後、ポートフォリオの作り方に移り、学生も熱心に、見本のポートフォリオを見たり、 質問をしたりしていました。ポートフォリオ作成へのモチベーションもアップした 有意義な講座となったようです。ありがとうございました。

《学生の感想》
・ポートフォリオは少し作りかけていたのですが、どうすればいいのか煮詰まっていました。 竹本先生のお話からいろいろなアイデアをいただき、完成することができました。ありがとうございました。

・ポートフォリオは「制作会社」、「広告会社」、「事業会社」によって見せるべきものが違うとのお話が新鮮でした。 サイズなども広告会社はA3がいいなど、大変ためになりました。

・まだ、作品数が少ないのですが、その際の工夫の仕方が面白く、さっそく試しています。 作品に関する写真なども有効だとのことで、とても参考になりました!

・どのようなフォントがいいか、フォントサイズはどうするかなど、具体的なお話が参考になりました。

・「20%の完成度でいいので、とりあえずカタチにする」という言葉に勇気がわきました。