内定者インタビュー

宮本 武留くん
(県立佐倉西高等学校出身)
株式会社エヌアイデイ 内定
採用職種:システムエンジニア

京増 航くん
(県立成田北高等学校出身)
富士ソフト株式会社 内定
採用職種:システムエンジニア

Q) どんな感じで就職活動がスタートしましたか?

京増くん
1年次の夏のインターンシップから活動が始まりました。その頃はまだ「なんとなく行ってみよう」ぐらいの気持ちだったと思います。交通費がけっこうかかるので、支給される会社は嬉しかったのを覚えています。
宮本くん
私も担任の先生から夏のインターンシップの目標訪問数の話が出て、それでいかなきゃと思いました。東京方面に行くことが多かったので交通費もそうですが、往復に時間が、かかったことを覚えています。

Q) 就職活動が始まってから成長したところはありますか?

京増くん
自己分析と面接対策を通して、これまでより深く自分を知ることができたと思います。自己分析は改めて大切なものだったと感じています。
宮本くん
正直なところだと、成長を実感するより前にスムーズに内定が決まってしまったと思います。 RaspberryPi【ラズベリーパイ】(小型コンピュータ)をプログラミングしていて、自分でやりたことを見つけ、それに取り組んでいるところが評価され、スムーズに結果を出せたと思います。

Q) 就職活動の対策で役立ったことを教えて下さい。

京増くん
スーツの着方指導です。週に1回、スーツでの登校は着慣れる機会もそうですが、細かな指導をしてくれたのはありがたかったです。 また就職講座が役立ちました。活動をする上でのポイントや先生が面接官役になる面接練習が役立ちました。
宮本くん
細かなビジネスマナーの指導です。例えばですけど、会社訪問時、入る前にコートを脱ぐなどです。また、ビジネス文書の書き方も役立ちました。

Q) 自分の内定の決めては何だと思うか教えて下さい!

京増くん
伝えたいことをしっかり伝えられたことだと思います。自己分析で自分への理解を深められていたので、面接で予想外の質問が来た場合でも、対応できました。
宮本くん
前の質問でも答えた小型コンピュータのプログラムのように、やりたいことをやっていることが評価されたと思います。 専門学生は指示されたことまではしっかりできるけど、自分で考え自分のやりたことを見つけて行動する人は少ないみたいで、自分はそこが周りと違って評価されたと思います。

Q) 就職活動を終えて思うことはありますか?

京増くん
早い段階で内定を貰えてほっとしたのが素直な気持ちです。早い時期に内定を頂けたのも嬉しかったです!
宮本くん
私も早く終えられて良かったと思いました!1年生の夏の早い段階から行動を起こしていたことが、結果に結びついたと思います。

Q) これから就職活動を行う後輩へアドバイスをお願いします!

京増くん
とにかく行動は早く起こすべき。また、しっかり自己分析を行って自分への理解を深めることは大切だと思います!
宮本くん
偽らないで、ありのままの自分を出していけば良いと思います。それから、自分が納得して会社を選ぶことが大事だと思います!