内定者インタビュー

松本 龍聖 くん
(県立茂原高等学校出身)
株式会社QES 内定
採用職種:システムエンジニア

髙田 一輝 くん
(県立市川工業高等学校出身)
株式会社NTTデータ 内定
採用職種:システムエンジニア

Q) 就職活動はどんな感じでスタートさせましたか?

松本くん
最初はとりあえず「色々見てみよう!」という気持ちで、インターンシップに10社ほど参加しました。
髙田くん
じっくり参加できるものがよいと思ったので、3日間のプログラミング体験ができるインターンシップに参加しました。

Q) 就職活動をしながら、自分の考えに変化はありましたか?

松本くん
もちろん仕事内容も大事ですが、会社によって労働条件や待遇が異なることを知り、残業や有休取得率などの労働環境にも目を向けるようになりました。 その中で、「仕事とプライベートの両方を充実できる会社に就職したい」という方向性が定まりました。
髙田くん
高校が工業科だったこともあり、ハードウェアに直結するシステムに関わる仕事をしている会社に興味が湧くようになりました。 内定をいただいた会社の「スマートグラス」関連の事業にビビっときました。

Q) 就職活動の対策で特に良かったことは何ですか?

松本くん
先輩との面接練習です!
髙田くん
僕も同じです。先輩によってアドバイスが180度違うこともあったので、会社によって評価ポイントが違うことも実感できました。

Q) 内定の決め手を教えてください!

松本くん
基本情報技術者試験(国家試験)に合格していたことと、パソコン修理の受付けアルバイトで身につけた接客の経験が決め手になりました!
髙田くん
インターンシップの参加です。その時に学校で教わったことを他の参加者に教えていたことが評価されたと思います。

Q) 就職活動を終えて思うことはありますか?

松本くん
自分を見つめ直すいい機会になりました。内定をいただいた会社は入社後の資格取得にも力を入れているので、 「仕事をしながら勉強もして、高みを目指したい!」という想いをもつことができました。
髙田くん
学生生活を謳歌したいです! サバイバルゲーム、星空観察、ドライブ、 パソコン組み立てなどこの2年間で色々やりましたが、今はスノボや旅行の計画中です。

Q) これから就職活動を行う後輩へアドバイスをお願いします。

松本くん
新聞を読むといいです。僕は日経新聞を毎日読むようになりました。 慣れると社会情勢にも興味が持て面白くなります。
髙田くん
自分の中で、会社で何がしたいのか、この会社でそれができるのかを見極めることが大事です。頑張ってください!