ビジネスライセンス科1年生8名が
マイクロソフト オフィス スペシャリスト2013マスターに認定されました!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスターは、Microsoft Officeのなかで、 規定の4つの試験に合格した方に贈られる称号です。
複数のアプリケーションを効果的に使えるスキルが身につくため、仕事や作業の効率アップが図れるだけでなく、 総合的なスキルの証明となります。
今回は2名の学生に代表してインタビューをさせて頂きました!

栗原 千波さん
(県立京葉高等学校出身)

澤田 祐樹くん
(県立松戸向陽高等学校出身)

Q)なぜ“マイクロソフト オフィス マスター”にチャレンジしたのですか?

澤田くん
パソコンはどこに行っても使うものだと思い、それが当たり前に使いこなせるようになりたくて、チャレンジしました。
栗原さん
就職活動でアピールしたいと考えチャレンジしました。

Q)約5か月半で7科目受験したわけですが、大変でしたか?

澤田くん
先生が丁寧にわかりやすく教えてくださったので、大変ではありませんでした。
栗原さん
授業時間内で取り組んだため、苦になりませんでした。

Q)次の目標を教えてください!

澤田くん
ITパスポート試験も取得したため、現在は社会に出て活かせる資格試験を模索中です。
栗原さん
資格取得はひとまず休憩し、就職活動に専念したいです。