ITエンジニア科4年制

サイバー大学に同時に入学し、2つの学校のカリキュラムを4年間平行して学びます。卒業時には大学の学位である『学士』と4年制専門学校の称号である『高度専門士』が同時に得られます。

目標資格

  • 経済産業省応用情報技術者試験(国家試験)
  • 経済産業省基本情報技術者試験(国家試験)
  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • シスコ技術者認定試験(CCNP・CCNA・CCENT)
  • オラクル認定Javaプログラマ(ブロンズ)
  • オラクルマスター(ゴールド・シルバー・ブロンズ)
  • SEA/J 情報セキュリティ技術認定(CSBM)
  • UMLモデリング技能認定試験
  • TOEIC など

時間割例 1年次

1限
9:30~11:00
ハードウェア データベース アルゴリズム
とデータ構造
Java言語
演習
ハードウェア
2限
11:10~12:40
ソフトウェア システム設計 アセンブラ Office演習 ソフトウェア
3限
13:40~15:10
ストラテジと
マネジメント
ネットワークと
セキュリティ
検定対策 やってみなはれ
演習
 
4限
15:20~16:50
スタディスキル入門/
リーダーシップ概論
基礎英語 企業経営
入門
コンピュータのた
めの基礎数学
 

主なカリキュラム

ITエンジニア科4年制の主なカリキュラム

カリキュラム一覧

授業名 1年 2年 3年 4年 各科目の概要



国家試験対策       基本情報技術者試験の合格に向けた対策を行います。
Java言語演習       Webや携帯電話など、幅広い分野で使用されているJava言語について、オブジェクト指向を踏まえた プログラミング技術を学びます。
Oracleデータベース設計       対象となる業務を分析し、適切なデータベースを設計・構築する能力を修得します。
Office演習       Microsoft Office Specialist Excelの資格取得と、Word・Exce・l PowerPointを使用して見栄えのよい資料を作成できるようにします。
情報
セキュリティ
      SEA/J情報セキュリティ技術認定の資格を取得しながら、企業や個人において安全に情報資産を扱うための知識を身につけます。
Web技術演習       Webページ作成の基礎である、HTMLやCSSを使ったWebページ作成について学びます。
シスコネット
ワーキング
演習
      パソコンやプリンタを相互に結ぶ「LAN」と呼ばれる技術や「インターネット技術」の仕組みを わかりやすく学習し、シスコ技術者認定試験(CCENT,CCNA)の合格をめざします。
オブジェクト
指向プログラミング演習
      Java言語によるオブジェクト指向プログラミングを理解し、オラクル認定Javaプログラマ合格をめざします。
Oracle演習       世界で最も使われているデータベースソフトオラクルの基礎を学びます。
UML基礎       オブジェクト指向開発における設計書の書き方を学びます。
オブジェクト
指向設計
      UML基礎で学んだ設計書の書き方を用いて、オブジェクト指向開発の設計技術を学びます。
システム
開発演習
      Webサイトを作る上での基礎であるJSP、サーブレットを学び、チームを組んでJavaを使った Webアプリケーションの開発を行います。
Linuxサーバ構築       LinuxというOSをインストールし、Webサーバやメールサーバの構築を行います。
Webアプリ
作成演習
      動画サイトやWebメールのシステムなど、ネットで使用できるシステムの構築を通じ、 アプリケーションの開発手法を身につけます。
LPIC対策       Windowsとは違うOSであるLinuxのインストール、操作、基本設定などを学び、Linux技術者の スキルを認定するLPICの合格をめざします。
応用
ネットワーク
      小規模ネットワークの設置・設定・運営の方法を実習を交えながら学びます。
Androidアプリ作成演習     Androidアプリケーションの仕組み・開発方法に必要な前提知識を修得し、Java言語を用いて開発を行います。
新技術動向       最新の業界・技術動向に着目しつつ、その要素技術や技術発展の流れを学びます。
卒業研究       2年次の「システム開発演習」を更に発展させ、より高度なシステムの開発に挑みます。 評価されるシステム、評価される働き方を追及します。







ビジネス実務・文書     ビジネス能力検定ジョブパスの受験対策です。3級では新入社員として必要不可欠な基礎能力を学びます。 また、2級では一人前の職業人として、“仕事の実践力”を客観的に評価する方法を知ることができます。
やってみなはれ演習・応用 経済産業省が提唱する「社会人基礎力」を学校行事や学園祭などのイベント運営を通じて育成します。 学校内部に留まらず、地域企業や住民と密接に関わる機会を作り、人間力の向上と協調性を身につけます。
就職講座     就職活動に必要な履歴書の書き方、身だしなみ、面接練習、SPI対策で就職内定を 勝ち取ることができる力を身につけます。
問題解決技法       自分の固定概念にとらわれない物事の見方をトレーニングし、ユーザーとの打ち合わせを 創造的にまとめる力を養います。
テスト技法       システムに不具合がないことを検証するためのテストに必要な観点と視点を学びます。
プレゼンテー
ション
    人を納得させる話し方、意図が伝わるドキュメントの作成方法を身につけ、 自ら考えながら問題を解決する能力や姿勢を考えていきます。
企業人研究       本校理事、葛田先生による明治大学で人気の授業です。
情報特論       ノートやメモを使った知的生産の技術、計画の立て方、会議運営の技術など社会人に なってから活用できる力を身につけます。

サイバー大学のホームページはこちら