ITエンジニア科4年制の1年生2名が
Oracle認定Javaプログラマ(ゴールド)に合格しました!

中澤 陽斗くん
(都立小岩高等学校出身)

福井 開くん
(県立船橋芝山高等学校出身)

 Oracle認定Javaプログラマ(ゴールド)は、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向け資格です。 この資格を取得すると、Javaアプリケーション開発に必要とされるプログラミング知識を有し、 設計者の意図を正しく理解して独力でプログラミングが行えると評価されます。 

Q)合格おめでとうございます!今の気持ちを教えて下さい!

福井くん
一安心です。これで満足せずに次の資格に向けて勉強していきたいです。
中澤くん
しっかり勉強すれば結果がついてくるので、みんなにも挑戦してほしいです。

Q)どのように学習をしてきましたか?

福井くん
知識をインプットした後は問題集を何度も繰り返し解き、パターンに慣れていきました。
中澤くん
ひたすらプログラムを書くことを中心に学習して実践的に学びました。

Q)大変だったことを教えてください!

福井くん
勉強時間の確保に苦労しました。
中澤くん
プログラミングをすることで自然と知識が身についたので、 大変というよりも楽しんでできました。

Q)Javaを始めたきっかけを教えてください!

福井くん
中澤くんに刺激されて、気がついたら始めていました。
中澤くん
学校の授業で一番興味を惹かれ、楽しそうに思ったからです。

Q)今後の目標を教えてください!

福井くん
まずはCCENT、春には応用情報技術者にチャレンジしたいです。 そして卒業までには高度情報処理技術者試験のネットワーク、セキュリティ、データベースや CCNP、TOEICでは700点を取得したいと考えています!
中澤くん
当面の目標として複数のプログラミング言語を学習していきたいです。