ビジネスライセンス科1年生が秘書技能検定準1級に合格しました!

 秘書実務検定は、社会人として必要な知識とマナーやビジネスの場で用いられる、 さまざまな技能の習得を証明する検定です。準1級からは筆記試験に合格すると面接試験が行われます。 面接試験では約10分間のロールプレイングの審査もあるため、知識だけでなく、就職試験や社会に出てからも大いに役立つ検定試験です。  ビジネスライセンス科では後期の選択授業で取得を目指しますが、飛び級の授業時間を利用して、 先輩方に指導してもらいながら一足先に取得しました。さっそく中村さんにインタビューさせて頂きました!

Q)筆記試験と面接試験のそれぞれで、1番苦労した点を教えて下さい。

中村さん
筆記試験では、実際に社会で働いたことがないため、状況判断を問う問題に苦労しました。 また、面接試験では歩くときや座っているときの姿勢や言葉のイントネーションなどに苦労しましたが、 先輩方の細かい指摘がとても参考になりました。

Q)今後目指す資格と就職活動はどう展開していく予定ですか?

中村さん
前期に日商簿記検定3級、MOS EXCEL、秘書実務検定準1級を取得したため、 後期はITパスポート試験と基本情報技術者試験を取得し、職種を選べるようにし就職活動に備えていきたいです。