TOSS体育/小学校/体育/3年/体育指導法/ゲーム/サッカー型ゲーム/ラインサッカー
根本正雄(TOSS体育授業研究会代表)

みんながうまくなる

ラインサッカーの授業


 → ラインサッカーの指導案はこちらへ!

1.ロ−テ−ションラインサッカー

 ラインサッカーは低・中学年の子供が熱中する教材である。サッカーの基礎技能を育てるにも適した教材である。
 埼玉県桶川市立川田谷小学校の松本光男氏は、「ロ−テ−ションラインサッカー」の実践を報告している。(『楽しい体育の授業』1993年N0.明治図書)
 松本氏の実践をもとに3年生で追試を行った。役割をロ−テ−ションして行うラインサッカーは、思ったよりも面白く子供の技能は高まった。
 松本氏はロ−テ−ションラインサッカーの長所を次の点にあるという。


 @ キーパー、内野、外野と三つのポジションを経験することにより、それぞれの役割を知り、ポジション別の基礎技能・知識を身につけることができる。

 【キ−パ−】
 シュ−トを防ぐ。とったボ−ルを味方にパスする(投げる)

 【内 野】
 攻める(シュ−トする)守る。

 【外 野】
 味方が攻めやすいようなボ−ルを素早く投げ入れる。

 A 兄弟チーム(三チーム)で勝敗を競うので、見学・欠席者が出ても兄弟チームから補うことができる。


 今までのラインサッカーは、攻める守るの役割が固定される傾向になりがちであった。
 チームでポジションを決めさせると力の強い者が攻めを行い、弱い者が守りになることが見られる。
 攻めのポジションを行う子供はボールに触れる機会が多いので、ラインサッカーのルールも分かりうまくなるのも早い。
 ところがキーパーや守りばかりをやる子供は攻めのルールが身につかず、ラインサッカーの楽しさも十分に体験できない。
 ロ−テ−ションラインサッカーはそういう弊害を除去でき、どのポジションも経験できるので、子供は楽しく基礎技能を高めていくことができる。
 実際に行った結果、子供は生き生きと活動し楽しい授業になった。

2.ゲームの仕方

 チーム編成、ゲームの進め方、ルールは松本氏の実践を参考にして次のように行った。

@ チーム編成
 @ 一グループ九人とする。
 A 一グループを三つに分け、兄弟チ−ムに分ける。

A ゲームの進め方
 @ チ−ム名を決める。
 A 試合開始、得点後のキックオフは「足掛け」(図参照)とする。
 B 反則があった時は、反則を犯した場所から「足掛け」を行う。
 C 試合時間は、前半3分・中3分後半3分の計9分とする。
 D ロ−テ−ションは、内野→外野→キ−パ−の順とする。
 E 見学者・欠席者が出たら外野・キ−パ−から補充する。内野・キーパ−は同数にする。

B ルール
 @ シュ−トの高さは、キ−パ−の肩の高さまでとする。肩以上の高さのものはノ−ゴールとする。
   キ−パ−の子供の中で一番身長の低い子供の肩の高さを基準とする。
 A キ−パ−は、ボ−ルを捕ったものが投げる。
 B 外野に出たボ−ルは、ボ−ルを捕ったものが転がして入れる。
 C 得点したものが紅白玉を置く。(紅白玉で得点を表示する)
 D 審判は相互審判とする。

C 場作り


3.授業の実際

授業は3年生で3時間扱いで行った。
 第一時はルールの説明とゲームである。
 級の人数は34名であったので、11名が2チ−ムと12名が1チ−ムとした。それぞれのチ−ムを3つに分け、兄弟チ−ムを作った。
 対戦する時は同じ人数で行うように調整した。誰が攻めるのか、誰が守るのか、誰がキ−パ−になるのかをはっきり確認する。
 チ−ムを決めた後、ルールの説明を行った。普通のラインサッカーはやったことがあるという。
 「ロ−テ−ションラインサッカーをします。やり方を言いますのでよく聞いて下さい」
 場作りの図を見せながら、攻め、守り、キ−パ−の三つの役割に分かれて順番に行うことを話した。
 「やってみたいですか」と聞くとほとんどの子供が「やりたいです」と答えた。
 最初のゲームはうまくできた。ところが次のロ−テ−ションをするところで混乱した。
 内野の子供は外野へ、外野の子供はキ−パ−へ、キ−パ−の子供は内野にはいるとなっていたが、実際に移動するとできなかった。
 内野の人数が足りないのである。キ−パ−をやっていた子供が外野にいっていたりする。もう一度整列させて役割を確認してからゲームを行った。
 誰が同じ兄弟チ−ムなのか分かるようにワッペンかシールを付けておくと目安になる。
 攻めは3〜4人なので一人のボールに触れる機会は多い。シュ−トのチャンスも多かった。
 ルールはゲームをしながら指導していった。ボールにかたまる傾向があったので、外野を上手に使うように指示した。
 1時間目はゲームに慣れることで終わった。終わった後、ロ−テ−ションラインサッカーのアンケートを書かせた。


3年1組 名前

1.ローテーションラインサッカ−をしてどんな感想を持ちましたか。
2.次にやるとしたら、どんなルールを作ったらよいですか。
3.相手に勝つためにどんな作戦を立てたらよいですか。


 女の子の感想を紹介する。


がんばったラインサッカー

R.Fさん

 ラインサッカーをしました。私が一番やりたかったのは内野でした。
 だけど、いざやってみるとすごくむずかしかったです。というかこわかったのかもしれません。
 相手が強かったのです。ざんねんながら、私のチ−ムは負けてしまいました。でもとっても楽しかったです。
 わたしはゴ−ルマンをやった時ちょっと緊張してしまいました。外野の時はボ−ルがとんできてとろうとすると、ほかの人にとられてしまいます。
 ラインサッカーは、普通のサッカーとは少し違う楽しい遊びでした。やってよかったです。


 R.Fさんは、内野、外野、キ−パ−のポジションをした時の緊張した様子を表現している。
 それぞれのポジションの大変さを体験したようである。「ラインサッカーは、普通のサッカーとは少し違う楽しい遊びでした」という感想は、いろいろなポジションを経験できたからであろう。
 外野にでると手で投げられることも楽しかったという。ドッジボールに似ていて楽しかったという感想がいくつかあった。
 「次にやるとしたら、どんなルールを作ったらよいですか」では次の内容が出された。

・ポジションを自分たちで決める。
・チ−ムで内野、外野、キ−パ−決める。
・シュ−トをする時に肩よりも上にボールがいってもいい。
・外野も外からシュ−トしていい。
・反則があったら反則をとる。
・反則をしたらそこからフリ−キックにする。
・外野なしでスロ−インがいい。
・キ−パ−は1人。キ−パ−の2人は攻めに入る。

 子供から出た意見を黒板に書き、次の時間に取り入れるルールをみんなで決めた。

 1.ポジションを自分たちで決める。
 2.反則をしたらそこからフリ−キックにする。
 3.外に出たらスローインにする。

 ポジションについての要望が多かったので、内野・外野・キ−パ−のポジションはチームで決めてよいことにした。
 相手に対して危険なプレーをした場合には、反則をとることにした。反則をしたら、その場から相手のフリ−キックにした。
 外野は普通に投げ入れていたが、頭の上からスローインするようにした。スローインの仕方について指導してから始めた。
 普通のサッカーのルールに近づくようにしていった。
 ただ、ロ−テ−ションラインサッカーの骨格を変えるルールについては、受け入れないようにした。
 「相手に勝つためにどんな作戦を立てたらよいですか」では次の考えが出た。

・なるべくゴ−ルの近くボ−ルをける
・敵のいないところを走るといい。
・パスをもらったらすぐに投げる。
・パスをつないで遠めからシュ−トする。
・キ−パ−がとったら外野に、外野が内野にパスする。

 作戦はチームごとに話し合わせ、相手に勝てるように工夫させた。
 3時間という短い授業であったが、ロ−テ−ションラインサッカーの面白さを体験し、シュ−ト、パス、キ−パ−の技能も高まっていった。
 ポジションをロ−テ−ションする中で役割を知り、サッカーへの基礎技能が身についていった。


トップページへ戻る