TOSS体育/小学校/体育/全学年/体育指導法/ボール運動/サッカー/サッカー指導で大切な基本
根本正雄(TOSS体育授業研究会代表)


. サッカー指導で大切な基本

1.中学年のサッカー指導

 新学習指導要領の中学年のボール運動が、従来の内容と異なり大幅に変更された。
 今まではラインサッカー、ポートボール、ドッジボールという種目名が入っていた。
 しかし、新学習指導要領ではそれらの種目名がなくなり、サッカー型ボールゲーム、バスケットボール型ボールゲーム、ソフトボール型ボールゲームという名称に変わった。
 これは、学校や学級の実態に応じて運動特性に触れさせることを目的にしている。
 3年生に必ずしもラインサッカーを指導する必要はなくなった。ボールが蹴れない子供にラインサッカーは無理だと判断したら、別のサッカーを指導していく。
 学級の実態にあわせて、教材を選択して指導できるようになったのである。
 例えば、ボール蹴りの実態が低ければ、ゴールだけ設定し、ラインは決めないで自由に蹴りあうノーラインサッカーを行えばよい。
 ボールが蹴りあえるようになったら、ゴールを4つに増やしてフォーゴールサッカーを行う。
 どのゴールに入れても得点になる。シュートチャンスを増やして、サッカーの特性であるシュートする楽しさを体験させていく。
 また、ラッキーマンを作り優先的にシュートができるラッキーマンサッカーなども考えられる。ボールに触れられない子供にシュートチャンスを作りサッカーの楽しさを体験させていく。
 このように、ルールやコートを子供の実態に合わせて指導していくことが新指導要領では求められている。

2.高学年のサッカー指導

 5〜6年のサッカー指導で大切なのは、ルール、コート、個人技能、集団技能などの工夫である。
 いきなり11人対11人で行なうのではなく、3対3、5対5などのミニサッカーから入ることが大切である。
 いきなり11人対11人で行なうと、ボールコントロールの上手な子供だけが活躍する。逆に一回もボールに触れない子供が出てくる。
 また、ボールに集中しパスがつながらないゲームになる。ボールの蹴り合いになってしまう。
 そういう問題を解消して、どの子供も楽しくサッカーができるようにルール、コート、個人技能、集団技能などの工夫を行っていく。
 コートとの工夫では、攻めと守りの範囲を決めて行うグリッドサッカーがある。
 攻撃と守備を入り乱れて行うのではなく、自分の役割を決めて行うことでゲームが楽しくできるようになる。
 また、ゲームを楽しむには個人や個人技能や集団技能を高める必要がある。本特集では、サッカーにおける基礎感覚・基礎技能がご紹介されている。
 例えば、インサイドステップでは、蹴り足の親指を上に上げるようにするとよい蹴りができる。
 ドリブルの基礎技能を高めるには、コピードリブル、バトルロイヤル、追い出しドリブルなどの練習方法がある。
 ゲームを行うと同時にこのような技能づくりを行うことによって、ゲームの楽しさも深まっていく。
 個人技能や集団技能を高める課題ゲームを取り入れていくことが大切である。
 どの子供にもサッカーの楽しさを体験させてほしい。



戻る